Monthly Archives: 7月 2015

スナップチャット snapchat を使ってみた

前回の投稿で紹介した
話題のスマホアプリ 「スナップチャット snapchat」

を使ってみた。
kazusanoumi


インストールしてみて分かったが、
snapchatはSNSとして使うアプリのようだ。

友達登録は、

snapchatを使っていない人には、ショートメールを使ってsnapchatに招待するメールを送り、
相手にインストールしてもらう事によって登録できるようにする。

snapchatを使っている人にはすぐ登録できるようだ。(相手の承認がいると思うが未確認)

それ以外にはチャット機能があるとしてあるが、ショートメールを使っている。
(まあ、スマホでショートメールを使えばチャットになるからそうなんだけどね)

調べてみたら、全世界でのユーザー数が2014年に1億人、2015年初頭で2億人近いというニュースがあったから、もう2億人を超えてるかもしれない。

ライバルと目されるLineが全世界で3億人、日本国内で5000万以上とのことなので、驚異的な追い上げである。

そして、snapchatのユーザーというのは、他のSNSに比べて10代の数が圧倒的に多いということである。
SNS-age bunpu


まずは、iPhoneにインストール

App Storeを実行して、「snapchat」を検索してインストール。

その際に、任意のメルアド、パスワード、ユーザー名を登録すればOK。

その後、住所録から探して友達登録。(後回しも可能)

IMG_2966
写真はインストール後なので右上に「開く」が表示されているが、インストール前は「入手」と表示されている


tatiageji
インストール後、snapchatを実行したら自動的にカメラが起動される。

そこで写真を撮って、ちょっとした写真加工も出来て、すぐ送れるというわけだ。

左から右にかけてスワイプ(指をなぞる)すると、
送信相手の指定画面になり、
指定するとショートメール画面に移る。

右から左にスワイプすると、ID検索ができる画面があり、
その次の画面がCNNなどのメディアの配信を見れる画面。


とりあえず、送った写真が消えるかどうか使ってみる。

1.写真を撮る
sc1

2.撮った後に左下に秒数が表示される(デフォルトは3秒)
sc2

3.何秒後に消えるか設定する(3秒を10秒にする)
sc3

sc4

4.右下の矢印をタップすると送信先指定画面になる
sc5

5.送信先を決めてタップする(自分自身に送ってみる)
sc6

6.送られてきた写真を見る(右上に最初は10の数字が表示され、1秒づつカウントダウン)
sc7

sc8

7.10秒後に写真消滅
sc9

見事に消えました。

ちなみに、インストール後の友達登録は、

snapchatを実行してカメラが立ち上がった画面の上段真ん中にあるゴースト(幽霊)マークをタップすると、次の画面に移り
snapchat3

  • 私を追加した友だち
  • 友だちの追加
  • 友だち(の確認)

といった設定が出来る。

2番目の「友だちの追加」を選ぶと次の画面に移り、
snapchat4

  • ユーザー名で追加(友だちをインストール時に設定した名前で探す)
  • アドレス帳から追加(友だちを住所録から探す)
  • Snapcodeで追加(友だちをsnapchatで使う固有のコードで探す)
  • 近くにいる人を追加(友だちを同じWifiを共有している人を探すか、GPSを使って位置的に近い人(範囲はわからんが)から探す (と思う))

といった方法で友だちを探せる。

最後の「近くにいる人を追加」では、近くにsnapchatをインストールしているスマホが無いと探せないので、ぜひ、家族や友達、仲間達で試してみてください。

« Older Entries Recent Entries »